2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年6月の4件の記事

2018年6月29日 (金)

№340 ゆうあい会 第3回総会(2018・3・3)のご報告

★2018年3月3日(土)、ゆうあい会の第3回総会が天満橋の「ドーンセンター」で開かれた。2016年4月の結成から丸2年が過ぎたことになる。
 今回は、昨年を超える45人の参加があった。
 総会は、当事務所の稗田弁護士と、ゆうあい会世話人のTさんの息の合った司会で進められた。
1dsc_0023
★最初に、副会長の中田進先生から開会あいさつがあり、これまでの総会の振り返りや本の紹介を笑いを交えてお話しいただいた。
P1060951
 会場がほっこりしたところで、私のギター伴奏と安田弁護士の歌によるのミニコンサート。①翼をください、②あの素晴らしい愛をもう一度、③岬めぐり、④ぼくの夢、⑤365日の紙飛行機の5曲を、参加者の皆さんとも一緒に歌った。
P1060965
★次に、長年にわたって地域医療に携わってきた耳原高石診療所所長の松葉和己先生が、「上手な病院のかかりかた 医師・患者関係の変遷をふまえて」と題して講演をしてくださった。
P1060970
 松葉先生は、医師と患者の会話の例などを挙げながら、医師の専門用語を使った説明をよくわからないまま聴いている患者が多いこと、患者─医師の関係が変化してきていること、インフォームド・コンセント(説明に納得し合意した医療)、根拠に基づく医療(EBM=evidence based medicine)の登場、過剰な「お客様扱い」の風潮、患者との対話と信頼関係の重視(NBM=narrative based medhicine)などについてわかりやすく説明されたうえで、上手な病院のかかりかたとして、①かかりつけ医を持つ、②話しやすいムードのある委員を選ぶ、③症状を予めメモにまとめておく、④異文化を許容してくれる医師を選ぶ、⑤質問・疑問は遠慮なく言う、⑥専門医を紹介してほしいと遠慮なく言う、⑦自己診断はしない、という7点を挙げられた。
2p1060931
★続いて、ゆうあい会の会長でもある関西大学名誉教授の森岡孝二先生が、「日本人はどれほど働きすぎか ~労働時間の国際比較から考える~」と題して、ミニ講演を行った。
Dsc_0046
 森岡先生は、冒頭に、「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声きけば、我が身さえこそ動がるれ。」という「梁塵秘抄」(平安末期の歌謡集)の一節や、「人間的教養のための、精神的発達のための、社会的役割を遂行するための、社会的交流のための、肉体的及び精神的生命力の自由な活動のための時間」こそが自由時間であるという「資本論」の一節などを紹介して、長時間労働がいかに人生をつまらないものにするかを問いかけた。そのうえで、減らない過労死と増え続ける過労自殺、男は残業・女はパートの日本的働き方、長時間労働者の比率は日本と韓国がダントツで多いこと、政府の「働き方改革実行計画」は法定労働時間をいっそう空洞化して、過労死を生む長時間労働を温存することなどを、グラフなどを示しながら話された。

★総会議事として私から活動報告、会計報告とともに、活動方針案、役員改選案の提案を行い、これについて質疑と採択が行われた。
Dsc_0062
★最後に、副会長の寺西笑子さんから、働き方改革についての国会議員に対するロビー活動の報告を含めた、元気いっぱいの閉会あいさつがなされて、総会は終了した。

★場所を移して「志な乃亭」で行われた懇親会には30名の方々が参加した。地下のお座敷は貸し切り状態で、どのテーブルも笑いが絶えず、また、松葉先生をはじめ参加者全員が自己紹介と感想を述べあうなどして、和気あいあいとした楽しい時間を過ごした。
 参加してくださった皆様、ありがとうございました。
 3年目に入ったゆうあい会を、よろしくお願いいたします。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2018年6月28日 (木)

№339 始めての道東旅行──(その2)阿寒湖の爽快さと摩周湖の静かなたたずまい

【6月6日(水)】
1_img_0659
2_img_0676_3
3_img_0712
4_img_0700_2
 朝食後、ホテルから歩いて阿寒湖遊覧船乗り場へ。「幸運の森桟橋」から10時発の遊覧船で、「マリモ」で有名な阿寒湖めぐりに出発。空は青く、空気は爽やかで、阿寒湖の湖面はもちろん、雌雄の阿寒岳をはじめとする山々も美しかった。途中「チュウルイ島」という島にあるマリモ展示観察センターに立ち寄った。
5_sora_img_0718
6_sora_img_0726
 次に行った屈斜路湖はただ見ただけ。ランチは屈斜路湖近くの「SORA」というお店でパスタのセットをいただいた。本土では考えられないような広大な敷地にあるログハウス調の素敵なお店だった。
7_img_0748_2
 次に、摩周湖まで足を延ばした。摩周湖といえば、布施明の「霧の摩周湖」という歌と、世界最高の透明度というイメージだが、それに違わず、美しいたたずまいだった。
8_img_0775
 摩周湖から、再びホテルのある阿寒湖温泉に戻ったが、まだ夕方で時間があったので、ホテルのすぐ目の前にある「アイヌコタン」に散歩に出かけた。時間的にショーなどは見れなかったが、手芸店に立ち寄って手作りの笛やアイヌ語を解説するマンガ本を買ったりして楽しかった。

【6月7日(木)】
9_img_0802
 いよいよ最終日。阿寒湖温泉から釧路まで一気に南下し、釧路市湿原展望台へ。展望台から遊歩道を少しだけ散歩して、広大な釧路湿原の雰囲気を少しだけ味わった。

 帰りは釧路空港13:45発のANAなので、12:45には空港に到着する必要があった。予定では釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー) という複合商業・観光施設に行き買い物などをする予定だったが、その前まで行っただけで空港へ急いだ。
 空港でお世話になったレンタカーを返し、予定どおり羽田空港を経由して関空へ。
2
 北海道は広くて、雄大で、爽快だった。道路は果てしなくまっすぐ続き、信号もほとんどなかった。何年か経ったら、きっとまた来たくなるだろう。そんな予感を感じながら、北海道を後にした。

 ※写真は上から
 ①阿寒湖遊覧船乗り場のある「幸運の森桟橋」
 ②遊覧船からの風景
 ③阿寒湖の案内板
 ④マリモの展示
 ⑤SORA入口
 ⑥SORAでの料理
 ⑦摩周湖
 ⑧カムイコタン
 ⑨釧路湿原
 行程地図(後半)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2018年6月25日 (月)

№338 始めての道東旅行──(その1)勇壮な網走と知床の旅情に浸る

 札幌での過労死防止学会の翌日6月4日から7日まで、3泊4日で夫婦で道東旅行を楽しんだ。
 これまで北海道は道央、道南しか行ったことがなかった。道北と道東のどちらにしようか迷ったが、今回は道東を選んだ。

【6月4日(月)】
Img_0363
Lsimg_0365
  8時20分の快速エアポートで札幌から新千歳空港に行き、9:35発のANA(プロペラ機)で女満別空港へ。空港に平昌オリンピックで銅メダルを獲得したLS北見の5人の祝賀垂れ幕が掲げられていて、そういえばこの空港がTVに写っていたのを思い出した。
Img_0371
 ここでレンタカーを借りて、いざドライブに出発。まずは網走湖に行き、そのまま「小清水原生花園」に向かった。途中「道の駅 流水街道網走」に立ち寄る。ここには、今年3月11日に観た映画「北の桜守」の撮影セットが展示されていた。このあたりは冬は映画のように極寒と流氷で厳しいんだなあと、改めて思った。
Img_0375
 ここで昼食は名物の「ザンギ丼」(網走産のオホーツクサーモンを天然の調味料である白魚醤油に漬け込んで揚げたものをご飯に乗せた丼)(880円)、妻は「貝柱塩ラーメン」(980円)をいただいた。アツアツで美味しかった。ちなみに、それまで私は「ザンギ」は鶏の唐揚げだと思っていたが(2,3年前に飛行機の中で観た佐藤浩市主演の映画「起終点駅 ターミナル」でも、たしか鶏の唐揚げのことをザンギと言っていた)、魚介類の唐揚げもザンギと言うようだ。
Img_0394
 JRの釧網本線と並行する海沿いの国道244号線を走って「小清水原生花園」へ。ここはオホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)に挟まれた約8km(275ha)の細長い砂丘で、数々の花が咲き誇る天然のお花畑とのこと。
Img_0398
 6月中旬から7月下旬がもっとも美しい時期とのことなので、私たちが行くのが少し早すぎたかもしれない。その入口にある釧網本線の「小清水原生花園駅」と遠く続く線路がとてもメルヘンチックだった。
Img_0448
 ここを出て、知床半島の真ん中宿泊地である「知床ウトロ温泉」に向かう。途中、「オシンコシンの滝」に立ち寄った。予備知識全然なしで行ったが、大きくて美しい。知床半島最大の滝で、日本の滝百選の一つに選ばれ、標高70メートル、落差50メートルとのこと。途中で分岐していることから、「双美の滝」とも称されるという。。オシンコシンという名前の由来はアイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」という意味らしい。
Img_0456
Img_0473
 「道の駅うとろ・シリエトク」に立ち寄ってソフトクリームを食べた後、すぐ近くの「知床グランドホテル北こぶし」に投宿。夕食はバイキング料理と地ビールを楽しんだ。

【6月5日(火)】
Img_0555
Img_0520
Img_0504
 ホテルをゆっくり目に出て、ウトロ港から10:20発の観光船「おーろら」に乗って知床半島クルーズ。知床半島先端の知床岬まで行く「知床岬航路」にしたいところだが、3時間45分もかかるので、途中の「カムイワッカの滝」あたりで引き返す所要時間1時間30分の「硫黄山航路」を選択。それでも、オホーツク海を北上しながら見る知床半島は、絶景の一語に尽きるものだった。
15img_0564
 ところで、ウトロ港の近くに「ゴジラ岩」という高さ15メートルの奇岩があることを初めて知った。本当によく似ている。
Img_0590
Img_0585
Img_0583
 昼食は同じくウトロ港の近くにある「ウトロ漁協婦人部食堂」というレトロ感いっぱいの食堂で「うに・いくら丼」を食べた。「時価」とあったがこの日は2700円。新鮮なウニとイクラが口の中いっぱいに広がり、満足満足。
Img_0596
Img_0620
Img_0626
 午後からはドライブで「知床五湖」へ向かった。先ほど海から見た知床半島を、今度は海を見ながら車で走る爽快感は格別。「五湖」とはいっても、全部を廻る時間はないので、高架木道を歩いて「一湖」が見える展望台まで歩いて往復。高架木道にはヒグマが近づかないように高圧電線が張られていた。自然との調和というのは簡単ではないことを、改めて認識した。
Img_1075
 さて、ここから次の大きなエリアである阿寒湖温泉へ。いくつかのルートがあるが、せっかくなので知床峠を越えて羅臼町に出、そこからほぼ一直線で阿寒湖に向かうことにした。知床峠付近でキタキツネと2回、タヌキ(?)と1回遭遇した。途中、「道の駅 知床・らうす」に立ち寄ったが、約3時間半でほぼ180㎞を走破し、午後7時20分次のホテル「あかん遊久の里鶴雅 別館」に到着。
21img_0644
 ここは高級感のある良いホテルだった。従業員の対応も良く、料理もおいしかった。
1_2
(以上、前半)

 ※写真は上から
 ①女満別空港に着いたプロペラ機
 ②LS北見の垂れ幕
 ③北の桜守の展示
 ④ザンギ丼
 ⑤小清水原生花園の看板
 ⑥原生花園駅
 ⑦オシンコシンの滝
 ⑧道の駅うとろでソフトクリーム
 ⑨知床地ビール
 ⑩観光船「おーろら」
 ⑪カムイワッカの滝
 ⑫おーろらから見た知床半島
 ⑬ゴジラ岩
 ⑭ウトロ漁協婦人部食堂
 ⑮うに・いくら丼
 ⑯ウトロ食堂メニュー
 ⑰知床五湖の看板
 ⑱高架木道
 ⑲知床一湖と知床連山
 ⑳知床峠で出会ったキタキツネ
 旅行前半の行程地図

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2018年6月19日 (火)

№337 熱気あふれた札幌での過労死防止学会第4回大会

 6月2日(土)午後~3日(日)午前、札幌市内にある北海学園大学で過労死防止学会第4回大会が開かれた。備忘を兼ねて、今回を含めたこれまでの4回の大会の概要を整理しておくと、次のとおりである。

 第1回(2015・5・23、設立記念大会、東京・明治大学駿河台キャンパス)160名以上
     記念シンポジウム(3人の報告と4人の予定討論)
 第2回(2016・5・21~22、大阪・関西大学)115名
     日韓仏国際シンポジウム「過重労働による健康障害と労働時間規制」
     第1~第4分科会(運送業、教員、ホワイトカラーの労働時間管理、若者の過重労働)
     共通論題「過労死防止法・大綱と労働時間の制限・短縮」
 第3回(2017・5・20~21、東京・専修大学神田キャンパス)153名
     特別シンポジウム「若者に広がる過労自殺の要因と対策」
     第1~第5分科会(運送行、医療・介護・福祉分野、情報通信産業、教員・公務員、職場の労働時間管理)
     共通論題 「第 1 回『過労死白書』と調査研究から見えてくるもの」
 第4回(2018・6・2~3、札幌・北海学園大学)187名
     特別シンポジウム「日中韓・過労死防止国際シンポジウム」
     第1~第6分科会(建設関連産業、医療、教員、裁量労働制、職場のハラスメント、韓国・中国の過重労働と過労死)
     共通論題「過労死問題からみた“働き方改革”の諸問題」

S__10665986_2
 今回の大会では、私個人としては、同じ東アジアの「日中韓国際シンポジウム」がとても面白かった。
 韓国と日本は状況が実に似ているが、革新政権である文在寅(ムンジェイン)政権のもとで、過労死・過労自殺の救済と予防の取り組みが急速に進みつつある(勤労基準法の改正、過労死認定基準の改正、過労死予防センターの設立など)。他方、中国では過労死・過労自殺は相当数発生していると思われるが、まだ過労死の救済はおろか、実態分析さえ緒についていないようである。
S__10665987
S__10665988
S__10665989
 その一方で、パネラーの楊 河清さん(中国適度労働学会会長)に私が、同じ東アジアの3国の過労死問題に共通している点はあるかと尋ねたところ、「忠誠や勤勉といった仏教や儒教の思想が影響している点で共通しているのではないか。中国でも「仕事狂」という言葉がある」と話され、韓国のパネラーの方も「3国では儒教文化である雇用主への忠誠心が共通している」という趣旨のことをおっしゃったのが印象的だった。
S__10665994
S__10665995
 2日目の共通論題「過労死問題からみた“働き方改革”の諸問題」も、上西充子、濱口桂一郎、森岡孝二というゴールデントリオに、司会の毎日新聞記者の東海林さんが加わったパネルディスカッションはこの上なく刺激的であった。
S__10665996
 今回は遠く札幌で開かれることもあり、参加者は減少すると思われたが、予期に反して過去最高の参加者数となった。
S__10665991
 過労死防止学会の設立準備から関わり、初代会長を務めてこられた森岡孝二先生は、この大会で会長を退任された。過労死防止学会がここまで発展してきたのは、森岡先生の力によるところが極めて大きい。本当にお疲れさまでした(もっとも、新たに事務局長に就任され、今しばらく実質的なフォローをしてくださるようである)。
S__10666001
 2日目の夜は、地元札幌のM弁護士に教えてもらった札幌駅近くの「くし路」というお店で、過労死家族の会の皆さんとおいしい魚介類をたくさんいただいた。ほぼハーレム状態(笑)で、このうえなく幸せな夜であった。
S__10665998
S__10665999
S__10666000
 ※写真は上から
 ①~④ 日中韓過労死シンポジウムの様子
 ⑤~⑦ 共通論題のパネルディスカッションの様子
 ⑧ 退任あいさつをする森岡先生
 ⑨~⑫ 「くし路」にて、家族の会の皆さんと

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »

無料ブログはココログ