2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

« №341 10月7日、大阪城野外音楽堂で歌います! | トップページ | №343 過労死・過労自殺相談の特設サイトを開設しました »

2018年10月28日 (日)

№342 裁判官の「表現の自由」を考える

 岡口基一裁判官(修習46期)がツイッターで「不適切ツイート」をしたとして、所属する東京高裁の林道晴長官が最高裁に懲戒請求が申し立てていた件で、10月17日、最高裁大法廷は14名の全員一致(元東京高裁長官の戸倉三郎裁判官は、過去に岡口裁判官を厳重注意処分にしたことがあったため、合議体から外れました。)で「戒告処分」を決定しました。
181028
 岡口裁判官は、自らの「ブリーフ姿」をネットにアップするなどかねてから話題性のあった人ですが、今回問題とされた投稿は「不適切」とまでいえず、このようなSNS投稿に対して「戒告処分」を行うことは、裁判官の市民的自由の行使を不当に制約し、「もの言わぬ裁判官」をますます増やすことになると懸念されます。首都大学東京の木村草太教授も、次のように述べています(沖縄タイムス2018年9月16日付け)。

 「なぜ、高裁はこれほどひどい申し立てをしたのか。高裁は、過去にも、岡口判事のツイッターへの投稿に注意を出してきた。また、岡口判事は、申し立てに先立ち、林長官から、ツイッターを止めないなら分限裁判にかけて判事を辞めさせる、と脅されたと主張している。それが事実なら、今回の申し立ては、犬の飼い主の感情の保護ではなく、岡口判事のツイッターを止めさせるためのハラスメントだと理解すべきではないか。

 もちろん、職務上の秘密を暴露したり、訴訟当事者の名誉を毀損(きそん)したりした判事には、懲戒処分が必要だ。しかし、今回のツイートにそうした悪質性はない。むしろ、さしたる根拠もなく、ツイッターを全てやめさせるためにハラスメントをしたとすれば、表現の自由の侵害だ。

 判事も一人の個人であり、人権がある。表現の自由を侵害する脅迫や懲戒申し立てことこそが、裁判官の「品位を辱める行状」ではないか。今回、懲戒処分を受けるべきは、岡口判事ではなく、林長官ではないだろうか。」
181028_2
 最近、「政権の意向の忖度」の風潮が強まる中で、原発再稼働や沖縄の米軍基地の辺野古移転など政治的対立の激しい事件をはじめ、過労死事件などでも「国べったり」の判決が相次いでいます。今求められているのは、自らを社会から隔絶し、「公正らしさ」を装いながら社会的強者に媚びる官僚的裁判官ではなく、市民感覚を大切にし、弱者の声にも公平に耳を傾ける「市民的裁判官」ではないでしょうか。

 なお、岡口裁判官自身のブログ「分限裁判の記録」や、和歌山の金原徹雄弁護士のブログに、最高裁の決定書のほか、有識者(学者・弁護士)の意見書、主なメディアの報道が紹介されています。

 ※画像は上から
 ①岡口裁判官が会見 「ありえないことが起きている」「戒告なら法治国家とは言えない」(弁護士ドットコムより)
 ②岡口裁判官の分限裁判、9割の弁護士が「懲戒処分に該当しない」 326人緊急アンケート(弁護士ドットコムより)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« №341 10月7日、大阪城野外音楽堂で歌います! | トップページ | №343 過労死・過労自殺相談の特設サイトを開設しました »

1-1 法律・裁判あれこれ」カテゴリの記事

2-1 日本国憲法」カテゴリの記事

2-3 基本的人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/67321636

この記事へのトラックバック一覧です: №342 裁判官の「表現の自由」を考える:

« №341 10月7日、大阪城野外音楽堂で歌います! | トップページ | №343 過労死・過労自殺相談の特設サイトを開設しました »

無料ブログはココログ