2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年12月の3件の記事

2018年12月31日 (月)

№348 2018年 私の6大ニュース【プライベート編】

 次は、プライベート編である。

【第1位】孫が大きくなり、「ジジバカ」の度合いがいっそう高じていること
1
 昨年7月16日に生まれた初孫のたくちゃんは、その後順調に大きくなり、1歳5か月となった。ようやくよちよち歩きをするようになり、歯もかなり生え揃ってきた。まだ言葉は話せないが、お愛想笑いをしたり、嘘泣きをするなど、かなり高度な(笑)意思表示をするようになってきた。屈託のない笑顔に癒され、くしゃくしゃにした泣き顔にこちらも泣きそうになる。
 平均すると月に1回来るか来ないかだが、今はLINEで写真や動画を送ってもらったり、i-Phoneのフェイスタイムでテレビ電話もできるので、日々成長を楽しむことができる。
 子どもはこんなに可愛がられて大きくなるのに、なぜ学校に行くようになるといじめられたりするのだろうか。すべての子どもたちが健やかに育ち、生まれてきてよかったと思える社会になってほしい。

【第2位】フォークグループを作り公式の場で歌ったこと
2_181007
 昨年5月から高校時代の友人と後輩弁護士との3人でフォークバンド「いこらーず」を作って、月に1回程度集まって練習するようになったが、今年に入り、いこらーずとして3回、今里フォークジャンボリーに出場した。なお、(2)からメンバーに中・高の同窓生のU君が加わり4人になった。
 (1) 1月13日(今里ライブハウスにて)
   ①白い鳥にのって ②街 ③さすらい人の子守唄 ④ぼくの夢
 (2) 8月25日(今里ライブハウスにて)
   ①花嫁 ②岬めぐり ③遠い世界に
 (3) 10月7日(大阪城野外音楽堂にて)
   ②365日の紙飛行機 ②涙そうそう ③ぼくの夢

 また、いこらーず以外でも、親しい友人と一緒に、次のように歌う機会があった。
 (1) 3月5日、私の事務所のゆうあい会総会で、同じ事務所の安田知央弁護士と「翼をください」ほか4曲
 (2) 4月7日、大阪過労死家族の会総会で、寺西笑子さんと「ぼくの夢」
 (3) 6月22日、働き方ASU-NET総会で、齋藤富美代さんと「人生の扉」ほか5曲
 (4) 8月12日、中学校の同窓会で、同窓生の仲間2人と「恋人もいないのに」ほか4曲
 (5) 11月9日 友人の田中俊さんの還暦&結婚を祝う会で、中森弁護士・齋藤富美代さんと「人生の扉」「たんぽぽ」

 こうしてみると、1年間で意外と多くの場で歌うことができたことを嬉しく思う(なお、去年の8月11日の中学同窓会でも同窓生2人と「あの素晴らしい愛をもう一度」ほか3曲、年末の大阪過労死家族の会の忘年会でも寺西笑子さんと「ぼくの夢」を歌った)。
 一人での練習もグループでの練習も楽しいが、やはり人の前で歌う場があると引き締まるし、当日ミスをしたことも含めて自分の到達点がよくわかり、励みになる。
 なお、私の地元の小学校のPTAの役員をした友人たちとも近々グループを作って練習を始める予定である。
 来年はどれだけ機会があるかわからないが、楽しみながらマイペースでやっていきたいと思う。

【第3位】モンゴル旅行に行ったこと
3
 7月23日~27日まで4泊5日で、お世話になっている医師の松葉先生ご夫妻と一緒にモンゴルに行った。モンゴルで快適に過ごせるのはこの時期の数か月しかないとのこと。山々や草原が美しく、また壮大なモンゴル帝国の歴史にも触れることができた。人々は人懐こく、外見も日本人とよく似ていて親近感を覚える。勧められていただいた「チンギス・ウオッカ」がとても気に入り、お土産にも買って帰国後も楽しんだ。

 このほか、札幌での過労死防止学会の翌日6月4日から7日まで、3泊4日で道東をドライブして楽しんだ(№338№339参照)。

【第4位】例年よりも多くの映画を観たこと
 なぜか今年は、映画を例年よりもたくさん観た。
4
 ①3/11 北の桜守(TOHOシネマ鳳)
 ②4/22 ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文(TOHOシネマ鳳)
 ③5/6 タクシー運転手(梅田ブルク7)(№335参照)
 ④5/12 第9条(大阪弁護士会館)
 ⑤5月中旬 マルクス・エンゲルス(大阪ステーションシネマ)
 ⑥6/24 万引き家族 (TOHOシネマ鳳)
 ⑦7/29 空飛ぶタイヤ(TOHOシネマ鳳)
 ⑧11/18 華氏119(大阪ステーションシネマ)
 ⑨12/09 ボヘミアン・ラプソディ (TOHOシネマ鳳)
 どれも大変良かった。他にも1,2本観たかもしれないが、思い出せない。

【第5位】演劇やミュージカルを鑑賞したこと
 「パブリック編」の憲法ミュージカル「憲法のレシピ」のほか、次のようなものを観た。
 ①10/13 ジャンヌダルク 〜ジュテームを君に(劇団往来)
 ②11/16 よいではないか21(劇団まげもん 時代劇コメディ)
 ③12/15 鶴彬─暁を抱いて(劇団きづがわ)
5
 ①・②も十分に楽しむことができたが、最後の「鶴彬─暁を抱いて」はとても良かった。恥ずかしながら、小林多喜二は知っていたが、鶴彬は知らなかった。川柳の内容だけで検挙され、獄死させられた時代があったことは、もっと広く知られるべきだと思う。主役の方をはじめ、皆さん大変お上手で、完成度の高い劇だった。

【第6位】コンサートにもいくつか行ったこと
 上記の反面、今年はコンサートに行った回数は少なかった。
 12/16 南こうせつ(NHK大阪ホール)
 12/20 ZERO(堺市西区ウェスティ)
 南こうせつさんは、歌もうまいがトークも楽しい。会場いっぱいの観客は、最初から最後まで大変なノリだった。
6_181220zero
 ZEROは、「冬のソナタ」に続いて2003年から2005年ころにかけて日本で爆発的にヒットした、韓流ドラマ「美しき日々」の主題歌などを歌った韓国のシンガーである。私はこのころの韓流ドラマが好きで、主題歌や挿入歌もよく聴いていたので、自宅から近いウェスティホールに来るのを知って、すぐにチケットを申し込んだ。「冬のソナタ」の主題歌を歌ったRyuもそうだが、歌の上手さがハンパではない。人柄もいい感じで好感が持てた。
 あと、1月28日に、親しい三浦直樹弁護士のグループのミニコンサートにも行った。学生時代からずっと続けているとのことだが、長髪を振り乱して演奏するピアノはプロはだしの腕前である。

 還暦を迎えて2年が過ぎた。そういつまでも楽しめるわけではないから、一つひとつの機会を大切にしながら、楽しんでいきたいと思う。

 ※画像は上から
 ①孫のたくちゃん(12月23日)
 ②大阪城野音で歌う「いこらーず」
 ③モンゴルで、松葉先生と(松葉先生ゴメンナサイ)
 ④映画「タクシー運転手」のポスター
 ⑤「鶴彬」終了後、出演者の人たちと
 ⑥ZEROさん(夢グループのサイトより)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

№347 2018年 私の10大ニュース【パブリック編】

 今年も、年末にあたって1年間を振り返っておきたいと思う。今回は、「パブリック編」(仕事面)と「プライベート編」に分けて整理したい。

【第1位】事務所のメンバーが増え、活動が量・質ともにいっそう充実したこと
 1月から井上将宏弁護士が、6月から事務局に経験豊富な石井さんが入所し、事件処理体制が大幅に強化され、事務所内の会議や委員会、研修なども充実するようになった。
 もともとアットホームな事務所であるが、いっそう明るく賑やかになったのは嬉しいことである。

【第2位】大阪と全国の「過労死110番」が30周年を迎えたこと
18041211030
 過労死110番は、私が弁護士登録した1988年4月に大阪で全国に先駆けて行われ、その反響が大きかったことから、2か月後の6月に全国8か所で実施されたのが最初である。
180613110
 4/12に大阪で記念シンポジウム、6/13は東京で記念シンポジウムとレセプションが盛大に行われた。後者のレセプションには、夫婦デュオのダ・カーポさんが来てくれて、過労死遺児のマー君の詩をもとに作られた「ぼくの夢」などを爽やかに歌ってくれた。その後直接お話しすることもでき、昔からのダ・カーポファンの私としては、とても嬉しかった。

【第3位】過労死防止協議会の委員を2期(4年)務めたこと
 2014年11月に施行された過労死防止法に基づき、同年12月に厚労省に設置された過労死等防止対策推進協議会(20人)の委員となり、国が行う過労死防止対策に対する意見、過労死防止対策大綱の作成と改定、毎年の過労死白書の作成などに関わってきた。年に3,4回の協議会やその事前打合せへの出席、協議会での発言準備など負担は結構重いが、毎回の発言はきちんと議事録に記録され、その後の取り組みに反映されることから、いつも身の引き締まる思いで頑張っている。
 任期は慣例上2年で、また出身母体の関係などもあり毎年のように委員の交代があるが、私はこの12月から3期目に入った。ただ、今回の改選で当事者委員(過労死遺族)の西垣さん、中原さん、前川さんの3人が一気に交代され、一緒に頑張ってきた者として一抹の寂しさを覚える。

【第4位】過労死防止全国センターの事務局長も丸4年務めたこと
 過労死防止法の施行に合わせて2014年10月に結成された過労死防止全国センターの事務局長としての活動も4年が過ぎた。
 今年もいくつかの啓発シンポジウム(11/6中央会場、11/14滋賀会場、11/29山梨会場、11/30大阪会場)に出席し、中央会場以外では記念講演や報告を担当した。
 過労死防止啓発授業の取り組みでは、主として関西の講師派遣に関わっているが、今年は関西での啓発授業数が大幅に増えた。私自身も大阪府立岬高校で啓発授業を担当した(10/18)。
 その他、過労死防止北海道センターの結成総会(7/12)、東四国過労死家族の会の結成総会(10/20)でも記念講演をさせていただいた。
 札幌で開かれた過労死防止学会の第4回大会(6/2~3)(№337参照)では、1日目の第1分科会(建設関連産業の就業実態と過労死)の司会を担当させていただいた。

【第5位】森岡孝二先生が亡くなられたこと
 8月1日、森岡孝二先生が突然亡くなられた。私は、弁護士登録した翌年の1989年に森岡先生と知り合い、その後、大阪過労死問題連絡会、1992年の過労死をテーマにした劇「突然の明日」、同じく2006年の過労自殺をテーマにした劇「あの子が死んだ朝」の2つの上映運動、働き方ネット大阪(その後「NPO法人働き方ASU-NET」)、過労死防止法制定実行委員会、過労死防止法の成立後は過労死防止全国センター、厚労省の過労死等防止対策推進協議会などで29年間にわたって一緒に活動してきた。私の事務所の友の会である「ゆうあい会」の会長もしてくださっていた。
2013140120
 森岡先生は経済学者であるとともに、人間の自由、働くとはどういうことか、企業はどうあるべきかなどを問い続け、自らも一市民として行動し続ける社会運動家であった。また、自然を愛し、命を慈しみ、ユーモアにもたけた自由人だった。74歳で亡くなるのは痛恨の極みである。
 森岡先生が目指したもの、目指した社会はどのようなものだったのか。それを語り合う「追悼のつどい」(追悼シンポジウムと追悼レセプション)を来る2月23日、シティプラザ大阪でを行う予定であり、また現在、追悼記念誌を作成中である。

【第6位】ゆうあい会が3年目に入り、楽しく、ためになる活動ができていること
180701
 いわき総合法律事務所友の会であるゆうあい会は2016年3月に結成され、現在3年目である。今年度は3月3日に総会(医師の松葉和己先生のお話など、№340参照)、7月12日屋外レクリエーション(京都嵐山散策)、12月1日お楽しみ講演会(一級建築士の木津田秀雄先生のお話など)を行った。

【第7位】過労死・過労自殺相談のための特設サイトを立ち上げたこと(№343参照)
 10月31日、「過労死・過労自殺相談ガイド」という特設サイト(ホームページ)を立ち上げた。大切なご家族や友人を過労死・過労自殺(自死)で失った方や、過労による後遺障害や精神障害で苦しんでおられるご本人などに、労災申請の手続きや弁護士に依頼するメリット、費用などについてわかりやすく解説している。

【第8位】過労死落語の本が発刊されたこと(№345参照)
181206
 2001年、私が「笑工房」の小林康二さんに「過労死をテーマにした落語を作ってもらえませんか」とお願いし、過労死落語「エンマの怒り」(最近の演題は「エンマの願い」)が生まれた。演じてくれた桂福車さんはその後17年間、最近では各地の過労死啓発シンポジウムなどで上演してくれていたところ、毎日新聞夕刊でこの過労死落語を題材にした記事が2017年5月から2018年9月まで34回にわたって長期連載された。桂福車さんは残念ながら2018年2月急逝したが、桂福車さんと松井宏員記者の共著の形で「過労死落語を知ってますか」という本が出版された(新日本出版社、1300円(税別))。
 12月6日、私も呼びかけ人の一人となった出版記念パーティーが開かれ、約170人もの参加があり感無量だった。福車さんの過労死落語は桂三風さんが引き継いでくれるとのことで嬉しく思っている。

2018jpg
【第9位】昨年に引き続き大阪憲法ミュージカルが成功したこと
 2008年から始まった大阪憲法ミュージカル。昨年・一昨年の「無言のレクイエム」の続編として、今年は「憲法のレシピ」が9月14~17日の4日間で8公演が行われ、今回も7人の共同代表の一人として関わった。
2018jpg_2
 「無言のレクイエム」も良かったが、今回の「憲法のレシピ」も本当に良かった。敗戦と戦後の混乱の中で日本国憲法ができていく過程を、民衆の視点から描いた作品はこれまでなかったのではないだろうか。これからもあちこちで上演してほしいと思う。

【第10位】宇賀神直先生が米寿を迎えられたこと
181013
 私が弁護士登録後7年間(1988年4月~1995年3月)在籍した天王寺法律事務所でお世話になった宇賀神直先生が、めでたく米寿(数え年88歳)を迎えられ、10月13日、当時在籍していた弁護士や事務局メンバー16人(宇賀神先生を含む)が、あべのルシアスの「花外楼」に集まってお祝い会をした。遠くは石垣島から藤井光男先生、広島から佐々木猛也先生も駆けつけ、まるで恩師を囲む同窓会のようだった。
 2011年にも「傘寿」を祝う会をしたが(「No.19 宇賀神 直 先生の「傘寿」を祝う」)、驚くべきことに、宇賀神先生はあの頃からほとんど老けた感じがしない。驚異的な記憶力も未だ健在である。先生の益々のご健勝を期待している。

 ※画像は上から
 ①4月12日、大阪過労死110番30周年シンポ終了後、平岡チエ子さんたちと
 ②6月13日、過労死110番30周年記念レセプションにて、ダ・カーポさんたちと
 ③2013年、京橋駅での過労死防止基本法制定の署名活動にて
 ④7月1日、ゆうあい会の嵐山散策にて
 ⑤12月6日、過労死落語の本の出版記念パーティーにて(右から松丸先生、寺西さん、小林さん、桂福団治師匠、私、桂文福さん、福車さんの娘さんの大津萌恵さん)
 ⑥「憲法のレシピ」のチラシ(表・裏)
 ⑦米寿のお祝いで花束を受け取る宇賀神先生


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2018年12月10日 (月)

№346 過労死落語の本の出版記念パーティー盛大に開かれる

Photo
7
 12月6日、№345で紹介した「過労死落語を知ってますか」の出版記念パーティーが、東心斎橋のホテル「オ・セイリュウ」で開かれた。
2
 呼びかけ人は、上方芸能評論家の木津川計さん、関西演芸協会会長の四代目桂福団治さん、松丸正弁護士、全国過労死家族の会代表の寺西笑子さんと私の5人であるが、実質的に準備されたのは、過労死落語「エンマの願い」や「ケンちゃんの夢」を作った笑工房の小林康二さんと、桂福車さんの長女の大津萌恵さんである。
3
 参加者は実に170人とのことだったが、それ以上に驚いたのは、数えきれないほどの落語家や芸人の先輩・仲間・後輩の皆さんが参加されていたことである。私は福団治さん、桂きん枝さん、桂文福さん、若井ぼんさんくらいしか名前を知らないが、テレビで見たことのある方がたくさん来ておられた。福車さんとともに過労死落語を演じてこられた笑福亭松枝さん、桂三風さんもおられた。
1
 福車さんと長年一緒に活動してきた「上方らくごカルテット」の春雨さん、文昇さん、坊枝さんの3人が司会を務められた。次々と登壇して挨拶をされる芸人の皆さんのお話は、当然のことながら本当に面白く、会場は笑い、笑いの連続だった。大きな声と体で会場を沸かせた桂文福さんの即興の河内音頭(?)は最高だった。
Photo_2
 そんな中でも、福車さんの過労死落語を紹介するテレビ番組のビデオや、福車さんに関わる思い出話に、何度もほろっとさせられた。最後の大津萌恵さんの涙ながらの挨拶には、胸が熱くなった。
2_2
 福車さんの「エンマの願い」は、これからは桂三風さんが演じてくれるとのこと。本当によかった。過労死落語がこれからも引き継がれていくことを心から願う。
 個人的には、私の出身地である和歌山県の粉河高校を卒業された桂文福さんとお話ができたことは嬉しかった。
5
 このような場に参加させていただけるようなことは、これからもそうないだろう。会場の温かな雰囲気に名残惜しさを感じながら帰路についた。
6

 ※画像は上から
 ①会場入口の案内板
 ③会場の様子
 ②桂福団治さん
 ④過労死落語を紹介するテレビ番組
 ⑤司会を務められた3人と大津萌恵さん
 ⑥桂文福さん
 ⑦最後の大津萌恵さんの挨拶
 ⑧・⑨参加者の皆さんと


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

無料ブログはココログ