2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« 2020年3月 | トップページ

2020年4月の3件の記事

2020年4月28日 (火)

No.357 「補償」なき休業の強要は憲法に違反する

    1 No.355でも書いたが、4月7日、安倍首相は「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(以下「特措法」)に基づいて「緊急事態宣言」を発出した。当初、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象地域とされたが、4月16日には対象地域を全国に拡大した。
 そのもとで、営業、出勤、移動の幅広い「自粛」が「要請」され、「休業したら収入がなくなり、生活できない」「来店客がほとんどなくなり、店を閉めざるを得ない」という悲痛な声が街にあふれ、実際、賃金の不払い、解雇、派遣切り、採用内定取消しなどが空前の規模で広がり、「コロナ倒産」というべき倒産・破産も広がり始めている。このままでは、自殺者や強盗などの犯罪も増えることが危惧される。

2 この問題では、しばしば「経済活動か、命の問題か」という立て方がなされ、「今は命が問題だろう。だから自粛は当然だ」という議論が多い。しかし、ことはそんなに単純ではない。労働者やフリーランスの人たちが仕事に行けずに収入が途絶えると最後は餓死せざるを得ないが、これは「命の問題」ではないのか。

3 まず、重要なことは、現在行われている各種の「要請」は法的にはあくまで「お願い」であり、従わないことや拒否することができるということである。

 特措法に基づくということが錦の御旗のように言われているが、同法24条9項は「都道府県対策本部長は、当該都道府県の区域に係る新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に実施するため必要があると認めるときは、公私の団体又は個人に対し、その区域に係る新型インフルエンザ等対策の実施に関し必要な協力の要請をすることができる。」としているにすぎない。あくまで「協力の要請」にすぎないのである。
 また、同法45条2項は、「特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間において、学校、社会福祉施設‥‥、興行場‥‥その他の政令で定める‥‥施設管理者等‥‥に対し、当該施設の使用の制限若しくは停止又は催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう要請することができる。」としている。これも「措置の要請」にすぎない。

4 なぜ、営業や就労、外出等を端的に「禁止」できないのか。それは、これらがいずれも日本国憲法が保障する基本的人権だからである。

 働いて収入を得て生活することは、勤労の権利(憲法27条1項)、営業の自由(憲法22条1項)、幸福追求権(憲法13条1項)、さらには「健康で文化的な最低限の生活を営む権利」(生存権、憲法25条1項)として保障され、また自由に移動することは居住・移転の自由(憲法22条1項)として保障されている。これらは「侵すことのできない永久の権利」(憲法97条)なのである。

 もちろん、これらの基本的人権は「公共の福祉」による内在的制約がある(憲法13条、29条2項)。しかし、その制限は必要最小限のものでなければならない。その制約原理はいかなるものであるかについて、憲法学でこれまで詳細な議論がなされてきたが、今回の新型コロナウイルスをめぐっては、十分な議論がなされているとは言いがたい。

5 特に、施設や店舗の稼働を制約する場合に重視されなければならないのは、「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。」と定めている憲法29条3項である。

 この条項は、狭い意味では土地などの公用収用についてのものであるが、個人の財産である施設や店舗の使用を、コロナウイルスの感染防止のために禁止することは「公共のために用ひる」に当たるといえる。したがって、法律でこれらの使用を「禁止」する場合には「正当な補償」が憲法上求められる。
 つまり、法律による施設や店舗の稼働の「禁止」であれば、これに対する損失の「補償」が一体として行われなければならないのである。

6 また、労働者や一人親方、フリーランスの人たちは、施設や店舗はなくても、働かないと食べていけないのであるから、いわばその労働力を「私有財産」に準ずるものと考えて、同じく「正当な補償」がなされるべきである。このことは、「すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する」と定める憲法25条1項、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と定める同条2項の要請でもある。

7 そして、稼働や就労の制限が「要請」レベルにとどまるとしても、その制約性が実質的に強ければ強いほど、憲法上の「補償」の必要性は強くなると考えられる。
 多くの人々が「自粛と補償はセットだ」と主張しているのは、憲法上も当然のことなのである。

 国が端的に就労や稼働を「禁止」までしないのは、そうすると「補償」の問題を避けて通れないからであり、「補償」しなくて済まされているのは、あくまで対象者の自発的な「自粛」を「要請」するにとどめる建前をとっているからなのである。

200427_20200428011701

8 ここ数日間、東京都や大阪府・兵庫県は、営業を「自粛」しないパチンコ店の名前を公表する挙に出ている。これについても、異論を述べておきたい。

 これは、前述の特措法45条2・3項を受けた4項で、「特定都道府県知事は、第二項の規定による要請又は前項の規定による指示をしたときは、遅滞なく、その旨を公表しなければならない。」としていることに基づくものである。

 この条項を根拠に、まるでさらし者にするかのように店名が公表され、知事が「この店には行かないように」と呼びかけている。

 しかし、条項をよく見てほしい。同項の前提となっている3項には、「施設管理者等が正当な理由がないのに前項の規定による要請に応じないとき」という要件が入っているのである。「営業をやめてしまったら従業員の給料が払えなくなり、店が立ち行かない」という事情は、「正当な理由」ではないのか。

 しかも、パチンコ店は、日本政策金融公庫が扱う新型コロナウイルス感染症特別貸付やセーフティネット貸付などの対象から外されていたのである。
 この点について改善を求めるインターネット署名も始まっていたが、4月24日、経産省はパチンコホールも公的融資や保証の対象業種とする方針を示したことが報道されている。運用開始は5月上旬からになるようであるが、これによって、ようやく営業自粛に転じるパチンコ店が増えてくると思われる。

 こういった背景や経緯を無視して、まるで袋叩きのように休業を迫るマスコミや社会状況は異常である。
 特にパチンコ店に対しては、賭博性の問題やギャンブル中毒者の存在をめぐる批判に加えて、経営者に対する民族差別的なヘイト発言も多く、「この際つぶれてしまえ」といった発言すらある。
 賭博性や業態への批判は別途なされるべきであるとしても、これらを根拠に、現在合法的に行われている営業や、従業員の生活保障を考慮する必要はないかのような議論は、極めて危険である。

 この点では、国際政治学者の三浦瑠麗氏がツイッターで、「パチンコは騒がしいので普段から好きではありませんが、見せしめのような店名公表には反対です。自粛なんだからあくまでも基本自由であるということを原則として頭においていただきたい。
行政が電凸を誘う社会的圧力をかけるべきではないし、潰れて労働者がクビになったら責任を取れるのでしょうか。」

と述べているのは、正論であると思う。

9 日本国憲法は「平時」だけ守られればよいのではない。否、むしろ現在のような「非常時」にこそ守られなければならない。
 にもかかわらず、憲法や人権といった視点からこの問題を論ずる向きが少ないことに、私は危機感を覚える。憲法学者や日弁連・弁護士会には、もっと日本国憲法の視点から積極的な議論や提起を行っていただくことを期待したい。

 私たち市民一人ひとりがお互いに励まし合ってコロナ感染拡大を防ぐ努力をすることは当然であるが、だからといって他人の基本的人権、特に生存の基盤に関わる人権を、よってたかって奪っていいことにはならない。その調整をする責務を負っているのが国や地方自治体である。
 批判されるべきは、コロナ感染防止の初期対策を誤り感染拡大を止められなかったばかりか、「自粛」を「強く要請」することを先行させ、営業に対する補償・支援を後手後手にしている現政権ではないだろうか。

         ↓   ↓   ↓

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 

2020年4月20日 (月)

No.356 手軽で便利! 再認識したiPadの魅力──この頃ハマっているもの(その1)

 昨年12月、ふと思い立ってソフトバンクショップに行き、最新のiPad(iPad air)を購入した。
 実はiPadは10年近く前に購入したことがあったが、当時はPC(デスクトップとノートPC)で十分間に合う感じがしていて、iPadは「帯に短しタスキに長し」という感じで、結局ほとんど使わないままだった(今から思えば、もったいないことをした)。

 最近になって購入した理由は、次のようなものである。
 ①老眼が進んでいるうえ、眼が霞んだり疲れやすくなり、離れたデスクトップPCの画面や、小さなi-Phoneの画面を見るのがとてもしんどい。
 ②ノートパソコンは重量が重いうえ、立ち上げに時間がかかる。
 ③最近はいろんなファイル(文書、PDF、画像、動画など)のクラウド化が進んでいるが、iPadだと一瞬でアクセスできる。

 実際に買って使ってみると、予想以上に便利で、今はiPadなしの仕事や生活は考えられないくらいになっている。
 ①画面が大きくて見やすい。メールや添付ファイルはもちろん、フェイスブックや本(Kindle)も新聞(デジタル版)なども読みやすい。かわいい孫たちの画像や動画も、大きな画面で見ることができる(笑)。
 ②ノートパソコンより軽く、持ち運びが簡単。最近はトイレに入るときも持ち込んで、メールチェックをしたり、新聞やニュース、フェイスブックを読んだりしている(笑)。
 ③当然ながら、iPadの画面を見ながらi-Phoneで電話することができ、これは便利。
 ④同じ事務所のI弁護士に教えてもらって購入した「アップルペンシル」とのコラボがすごい。アップルペンシルというのは単に線を引いたりクリックするのに使うくらいで、バカ高いだけだと思っていたが、線の種類や色・太さ(筆圧によって太さを変えることもできる)を選べ、ノートアプリと一緒に使うことで手書きのメモやその切り貼りが自由にできたり、PDFアプリと一緒に使えばPDFファイルにマーカーを引いたり書き込みをしたりできる。まだ、打合せでのメモをすべてこれで行うところまではできていないが、ちょっとした原稿の下書きを手書きで作成するときなどに便利だ。
 ⑤通常の電話には不適だが、FaceTime(顔を見ながらの電話)やLINE電話、スカイプなどで通話することができる。最近急速に広がってきたZOOMによるウェブ会議もできる。
 ⑥超高性能のイヤホン「AirPods」(これについては次のブログで書きたいと思っている)は、iPadともi-Phoneとも相性がよく、通話したり音楽を聴くのに手放せない。

 まだ使い始めたところで、十分に使いこなすところまでは到底いっていないが、今後どんどん使えるようになっていくと思う。

 ただ、難点をいうと、
 ①少し重い。
 ②もう少し大きいほうがいい(今使っているiPad airは10.5インチだが、iPad Proは12.9又は11インチなので、この次はこれにするかもしれない)。
 しかし、①と②の両方を解消するのは難しいだろうとも思う。

 贅沢をいえばキリがないが、このように進化し続けるiPadと、その機能を向上させ続けるアップルという会社は、やはりすごいと思う。

         ↓   ↓   ↓

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 

2020年4月12日 (日)

No.355 「自粛要請」という名の「棄民」

 4月7日、安倍首相は「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づいて「緊急事態宣言」を発出し、対象地域とされた東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県をはじめ、全国で「自粛要請」の嵐が吹き荒れている。

 もちろん、新型コロナウイルスの拡大防止は命の問題であり、今、密閉・密集・密接の「3密」を減らすことは重要であることに異論はない。だから「不要不急」の外出を「一時的に」我慢してくださいというのであれば理解できるし、だからこそ多くの国民はそれを実行している。

200412    しかし、大規模な商業施設・遊興施設、大学・学習塾、運動・遊戯施設、劇場・映画館・博物館・美術館・図書館、ホテル・旅館に「休止」を要請したり、「酒類の提供を含む飲食は午後7時までとする」、「通常の会社での出勤者を7~8割減らす」などとなってくると、事態は極めて深刻となる。しかも、緊急事態宣言が5月6日で終わる保証はなく、「自粛要請」がいったいいつまで続くのか、見通しはまったく立たない。

 このような「自粛要請」が続けば、これらの関連施設で事業をしている企業や、そこで働いている労働者や請負・受託業者、フリーランスの人たちは仕事がなくなり、賃金不払い、倒産、解雇、派遣切り、内定取消しなどがあふれ返り、自殺や心中なども激増するだろう。

 これらを回避するには、「自粛要請」と「補償」はセットでなければならない。欧米諸国をはじめ、外国では多額の補償が迅速に行われているが、安倍政権は国民への直接給付を頑に拒んでいる。「30万円の現金給付」も打ち出されているが、要件や手続きが厳格なうえ、果たしていったい何人の人たちがこれを受け取ることができるのか、政府は明らかにしていない。

 このように、「補償」をしないまま「自粛」を押しつけることは、多くの国民に「勝手にしろ」ということであり、国民を見捨てる=棄民にほかならない。ましてや、便利に使い捨てできる非正規雇用を増やし、「預貯金ゼロ」世帯を増やしてきたのは現政権である。

 ここで思い出すのは、安倍首相は外国に対しては、湯水のように「支援」という名のバラマキをしてきたということである。第2次安倍政権以降、安倍首相が外遊時に、まるでポケットマネーのように約束した支援の額だけでも、実に54兆円にのぼると指摘されている(https://togetter.com/li/1193697など)。

 日本の人口1億2000万人に一人30万円を現金支給しても、単純計算で36兆円にすぎない。国のお金は、もともと納税者である国民が納めたものである。この日本社会の危急存亡の今、自国の国民にこそ必要な給付を行うべきではないのか。

200412180903 また、資本金10億円以上の大企業がため込んでいる内部留保額は年々増え続け、2018年度で463兆円に及んでいる(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49310220S9A900C1EE8000/など)。このうちの10~20%を出させるだけでも相当な補償ができることになるが、安倍政権はこれに手をつける気持ちなどさらさらないだろう。

 改めて実感するのは、安倍首相ほど無能で、冷酷な首相はこれまでなかったということだ。野党だけでなく、自民・公明の政権与党からも、今の亡国の政策を転換させる動きが出てこないと、日本社会は戦後築き上げてきた多くを失ってしまうだろう。

 ※上の図は、東京都が4月10日に発表した、緊急事態宣言に基づく都の緊急事態措置として、休業を要請する施設の一覧表

  下の図は、大企業の内部留保の推移グラフ(2019年9月3日付「しんぶん赤旗」より)

         ↓   ↓   ↓

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 

« 2020年3月 | トップページ

無料ブログはココログ