2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

カテゴリー「5-6 書籍・雑誌」の2件の記事

2013年10月27日 (日)

No.144 森岡孝二先生の出版記念シンポジウムのご案内

 大阪過労死問題連絡会とNPO法人働き方ASU-NETの会長、過労死防止法制定実行委員会の委員長を務めておられる森岡孝二関西大学教授が、このたび『過労死は何を告発しているか ― 現代日本の企業と労働』(岩波現代文庫)を出版されました。
 これを記念して、大阪過労死問題連絡会とNPO法人働き方ASU-NET共催により、下記要領で講演会を開催致します。
 事前の申し込みは不要です。是非、お気軽にご参加ください。

 ◆講演会の概要◆
『過労死は何を告発しているか-現代日本の企業と労働』 出版記念シンポジウム
 日 時: 11月12日(火)午後6時30分~8時30分
 場 所: 中之島 大阪中央公会堂小会議室(3階)
 演 題: 過労死社会ニッポンを語る―諸悪の根源は何か(仮題)
 座 興: 桂福点さんの古典落語
 参加費: 500円

131027_4

 ◆著書の概要◆ なぜ日本人は死ぬまで働くのか。過労死の四半世紀を踏まえて、働きすぎのメカニズムを検証。
過重労働とストレスの要因を解明し、過労死・過労自殺をなくす方策を展望した全勤労者必携の一冊です。(岩波書店「8月の新刊」より)
 定価1302円(本体1240円)

 <目次>
 序 章 過労死が社会問題になって四半世紀
 第1章 企業中心社会はいかにして成立したか
 第2章 日本的働きすぎと労働時間の二極分化
 第3章 賃金不払残業の手法と実態
 第4章 日本的生産システムと過労死
 第5章 仕事で命を奪われるホワイトカラー
 第6章 多発する若者の過労自殺と大学生の就活自殺
 終 章 過重労働対策と過労死防止運動

 ◆森岡先生からのご紹介◆
 本書は現代日本の労働時間と過労死をテーマにした拙著『企業中心社会の時間構造―生活摩擦の経済学』(青木書店、1995年)をもとにしています。
しかし、今年が「過労死110番」全国ネット開設25周年にあたることから、この四半世紀を視野に入れて全面的に改稿することになりました。旧著の骨格は残っていますが、大半は岩波現代文庫のための書き下ろしの新編集版です。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


2012年6月25日 (月)

No.79 これは面白い!「マンガ de 恋愛学」

120624_de_2


◆新聞広告でふと目にして興味をそそられたので、アマゾンで買って読んだ。
 とても面白い。高世えり子さんのマンガもいい。
 著者は、早稲田大学国際教養学部教授の森川友義氏。
 もともと政治学畑のご出身で、専門は、ちょっと聞き慣れない「進化政治学」とのことだが、最近はこの「恋愛学」で人気を呼んでいるようである。
 先生は1955年生まれとのことなので、ほぼ私と同世代ということになる。

◆以下は、印象に残ったポイント。
【パート1(基礎編) そもそも、なぜ恋愛するの?】
・人間社会はここ数万年で著しく変化したが、遺伝子は狩猟採集時代(縄文時代)から変わっていない。
・恋愛感情というのは、「子どもを作らせるために進化の途上で生まれた一時的な情動」である。
・生物は自分の遺伝子を後世に伝えよとプログラムされているので、自分の遺伝子が好む理想の異性を求め続ける。
・男性が女性に求めるのは、若くて(健康)、料理上手で(家族の栄養管理能力)、自分の子を(貞節)、たくさん産んで(安産、多産体型)、育ててくれる(母性)、見た目がいい(子どもにも異性獲得能力が期待できる)ということ。
 女性が男性に求めるのは、健康で(若い、体力あり、体格よし)、経済的資源が豊富(金持ち)、浮気しない優しさ(妊娠期間・出産・子育て中、危険から保護してくれる)、見た目がいい(男性と同じ理由)ということ。
・男性ホルモン「テストステロン」、女性ホルモン「エストロゲン」は程度の差こそあれ男女それぞれにある。その組み合わせによって、見た目、声、性格(負けず嫌いか協調的か)、思考タイプ(合理的思考か情緒的思考か)、男性の場合の性欲の強さ、などで違いが出る。
・人間の五感は、恋愛のために進化した。
 視覚(見た目)
 嗅覚(におい)
 聴覚(声質、言葉づかい)
 味覚(相手の持ってきたごはんの味、キス)
 触覚(手をつなぐ、性交渉)
・男性が女性に食事をごちそうするのは、経済的支援の提供のアピールである。女性はその食事の味と、その際の男性のマナー、優しさで総合点をつける。
・女性が男性に手料理を作ってあげるのは、栄養管理能力のアピールとなる。男は女の手料理に弱い。
・キスには、恋愛感情の意思表示、生活習慣や恋愛経験のチェックのほか、HLA(恋愛遺伝子)の相性の確認、口内のバクテリア交換による免疫力のアップという意味もある。
・セックスは、男性にとっては「繁殖機会の獲得」、恋愛のゴールであり後はだんだん飽きてくるが、女性にとっては「恋愛の本格的スタート」であり、そこにはズレがある。2人の「結婚したい」との思いが重なる時期が結婚のタイミングである。同棲してしまうと、そのタイミングを逃しやすい。

 ※なるほど、と思わせることが多い。
  一昔前までは、結婚前に性交渉をすると女性は「キズモノ」になり、男は「責任」を取らなければならないと思われていた。ある意味で、結婚を促進する合理的な慣習だったのかもしれない。
  ちなみに、「同棲時代」という映画や歌が流行した頃は、言葉を聞くだけでクラクラするような背徳感と艶かしさがあった。

【パート2(応用編) 恋愛に必要なコトってなに?】
・恋愛も食べ物の物々交換と同じで、自分を売ったり(魅力のアピール)、相手を買ったり(恋人ゲット)することである。
・自分の資産価値(男性の場合は①健康、②経済力、③一途・やさしい、④見た目、女性の場合は①健康、②料理、③一途、④体型、⑤母性、⑥見た目)をきちんと把握して、異性と出会える恋愛市場に勇気を持って参加し、戦略を持って投資(お金、時間、エネルギー)をすべきである。

【パート3(実践編) あなたの恋はこれでうまくいく!】
・恋愛には戦略が必要である。例えば、次のようなものがある(抜粋)。
 「暗闇戦術」(人間は暗闇でテストステロンが上昇し、異性への関心が高まる)
 「パーソナルスペース戦略」(50㎝以内は親密な関係を築くのに必須の距離)
 「アドバルーン戦術」(うその情報を流して相手の反応を見る)
 「秘密の共有戦術」(共通の秘密を持つことで精神的距離を狭める)
 「戦略的服従戦術」(相手に従うフリをして実利を取りに行く)
 「希少価値アピール戦術」(このタイミングしかないと希少価値をアピールして、相手の意欲をかき立てる)
 「ダブル・バインド戦略」(相手に2つの選択肢しか与えず、ノーと言わせない)

 ※知らず知らずのうちに実践しているものも多いと思われるが、このように整理してみると面白い。

◆子孫を産み、育てる性である女性と、家族を外敵から守り、狩猟をして得た獲物を家族に与える男性とは、基本的な違いがあり、これはわずか数千年から数百年の間では変化していないのではないか。この問題意識は、10年ほど前に読んだ、ビーズ夫妻の「話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く」、「嘘つき男と泣き虫女」でも共通している。
 この、いわば自然科学的、進化生物学的な観点と、一方で、批判の強い性別役割分担論や良妻賢母教育、ジェンダーなどの問題は、どう整合的に捉えたらいいのだろうか。
 また、近年の女性の社会進出、男女共同参画社会の理念、イクメン、専業主夫の広がりなどとの整合性はどうか。
 さらに、最近の若い女性の男性化(言葉や行動様式など)、「草食系男子」と「肉食系女子」の増加はどう考えたらいいのだろうか。
 森川先生に、尋ねてみたいなあと思う。

◆そう考えると、やっぱり男と女の関係は永遠の謎である。
 長谷川きよしの「黒の舟唄」を思い出した(以下の歌詞は一部)。

 男と女の間には
 深くて暗い 河がある
 誰も渡れぬ 河なれど
 エンヤコラ今夜も 舟を出す
 ROW & ROW ROW & ROW
 振り返るな ROW ROW

 たとえば男は あほう鳥
 たとえば女は わすれ貝
 真っ赤な潮が 満ちるとき
 失くしたものを 想い出す
 ROW & ROW ROW & ROW
 振り返るな ROW ROW

 おまえとおれとの間には
 深くて暗い 河がある
 それでもやっぱり 逢いたくて
 エンヤコラ今夜も 舟を出す
 ROW & ROW ROW & ROW
 振り返るな ROW ROW

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

無料ブログはココログ